トップページ イベント情報  施工事例  お客様の声 
会社情報 お問い合わせ ブログ  リンク
 カンナ
 works → 住 宅 → 桧格子と白壁の家 → 工事中の様子
     
  ※ほとんどの写真はクリックすると、大きな写真でご覧頂けます。
 
  和の雰囲気を大切にしたいお施主様に白壁と桧格子の家をご提案させて頂きました。  
   
  リビングのイメージも3Dでご提案します。  
   
  ご相談を重ね詳細を詰め、工事のご契約を頂きました。  
   
  元の家を解体して更地にします。  
   
  土地のお清めのため地鎮祭を行ないました。  
   
  これは元の家を建てる時に打ったコンクリート製の杭。
築年数の経った古い住宅でしたが、当時としては地盤沈下対策をしっかりやっていたようです。
 
   
  未だにしっかり残るコンクリート杭ですが、このまま建てると逆に不同沈下の要因になってしまいます。
費用は掛かっても全て引きぬかなければなりません。
 
   
  杭での地盤補強は将来に不安が残りますので、今回は環境にも優しい「ジオクロス工法」と言う地盤補強工事を採用しました。
砕石の下に見えているシートの埋設効果で土に加わっている力を分散させます。
 
   
  基礎の配筋工事を終えました。  
   
  基礎のコンクリート打設の様子。  
   
  地盤沈下対策を施した基礎の完成です。  
   
  基礎上に土台と断熱材が施工されました。  
   
  いよいよ上棟です。  
 
    良いお天気にも恵まれてどんどん構造材が組まれて行きます。  
   
  夕方にはこの通り!
構造材のほとんどが組み上がりました。
 
 
   
  床に貼り付けてあるシートは電気式の床暖房です。
遠赤外線でぽかぽかになるPTCヒータの床暖房を採用しました。
 
   
  サワラ(椹)のフローリング。
とても木肌の美しい材料です♪
 
   
    断熱材の施工も終わりました。  
   
    断熱材の上に石膏ボードを貼っていきます。  
   
  外では屋根屋さんがガルバリウム鋼板を葺いていきます。  
   
    外壁にはモルタルを塗るためのラス網が施工されました。
このラス網の下に通気層を確保した「通気胴縁工法」を採用しています。
 
 
   
    外壁も塗り終わり。   
   
    吉野桧の玄関引戸も完成です。   
   
    仮設足場を外して外構工事の準備にはいります。   
   
     足場が外れる頃になると、屋内では家具の製作で大忙し。  
   
    キッチンにはさり気なく食洗機をビルトイン!   
   
    壁面収納も作ります。   
   
    洗面化粧台も完成です。   
   
    石膏ボードの継ぎ目にパテをかけて、いよいよ塗装作業に入ります。   
   
    塗装工事が終わりました。
ピンクのアクセントカラーが綺麗なのは2階のトイレです。
 
 
   
     表具屋さんにお施主様の見つけてきた染色和紙を貼ってもらいました。
ビニールクロスと違って非常に難しい作業です。
 
   
    桧のウッドデッキも作ります。   
   
    とっても気持ちの良いウッドデッキになりました。   
   
    外構工事を終えて完成です。
シンプルではありますが、洗練された和の佇まいになりました。
 
 
   
  ひとつ前に戻る   
  住宅トップに戻る  
 ライン

千葉県で工務店をお探しなら株式会社木ごころへ

トップページ イベント情報  施工事例  お客様の声 
会社情報 お問い合わせ ブログ  リンク